ウォーキング・デッド シーズン3 第14話 逃れられない呪縛

ウォーキング・デッド シーズン3

ウォーキング・デッド シーズン3 第14話 あらすじ

タイトル:逃れられない呪縛
原題:Prey

ウッドベリーでは、リックたちとの戦争に向けた準備がちゃくちゃくと進められていた。
休戦協定が順調に進んでいると思っていたアンドレアは疑問に思い、ミルトンから真相を聞き出した。
「条件としてミショーンを差し出すように総統はリックに伝えた。しかし、総統は誰も活かすつもりはない。」

総統が取調室で拷問器具の準備をしながら一人笑っている姿を見たアンドレアは、
「正気じゃない。殺すしか無い。」と総統に銃口を向けるが、「総統が必要だ。他にリーダーはいない。」とミルトンに止められた。

さらに、総統の命令で武器を取り上げられたアンドレアは、リックたちに真相を伝えるべく、一人ウッドベリーを出て刑務所に向かった。
アンドレアは刑務所にたどり着けるのか?休戦協定に、リックたちはどう応えるのか?

ウォーキング・デッド シーズン3 第14話 ネタバレ

タイリースは、マルティネスに手伝うよう言われ、ウォーカーの生け捕り場に向かった。
そこでは穴に落ちた大勢のウォーカーたちがひしめき合っていた。

「これをどう使うつもりだ。もしかして、刑務所に入れるのか?そんなの正気じゃない。」タイリースに対し、
「使えねえ奴らだ。編み物でもさせておけ」と笑い飛ばすマルティネス。

一方、一人で逃げたアンドレアは、総統に見つかり、古い工場に逃げ込んでいた。
銃を持った総統に対し、小型のナイフしか持っていないアンドレア。

しばらく探りあいが続いたが、アンドレアは機転を利かし、総統に無数のウォーカーをけしかけた。
総統がウォーカーの相手をしているうちに、アンドレアは抜け出し、刑務所に向かった。

しかし、刑務所の目の前まできたところで総統に捕まり、ウッドベリーの拷問室に連れていかれてしまった。

一方、ウォーカーの生け捕り場が何者かに火をつけられ、すべてのウォーカーが焼かれてしまった。
タイリース達が犯人だと疑った総統は、得意の交渉術で懐柔しようとするが、タイリースたちは生け捕り場のことをしらなかった。

確かに、ガソリンの場所すら知らないタイリース達には犯行は無理だと気づいた総統は、ミルトンの不審な態度に疑問をいだきだした。

ウォーキング・デッド シーズン3 第14話 感想

総統のイカレ具合がきわだってきましたねwシェーンも素質はあったかもしれませんが。
不幸続きのアンドレア、やっとウッドベリーでまともな生活ができ、彼氏もできたかと思ったのに、今度は拷問ですか。
しかも知ってる人はいない。。。。
頼みは2日後のリック達の交渉ですが、どうなるんでしょうか。

刑務所を舞台にウッドベリーの総統との戦いを描いたシーズン3もあと残り2話!
全面戦争か?それ以外の道があるのか?

わかりませんが、面白い展開を期待しています!


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です