ウォーキング・デッド シーズン5 第1話 食うか食われるか

ウォーキング・デッド シーズン5

ウォーキング・デッド シーズン5 第1話 あらすじ

タイトル:食うか食われるか
原題:No Sanctuary

終着駅につくやいなや、武器を取り上げられ、貨物列車に閉じ込められたリック達。

しばらく後、貨物列車に人が近づいてくる気配がした。
入口付近で襲い掛かる準備をしながら待つリック達だったが、天井が突然開き、催涙ガスを投げ込まれた。

リック、ダリル、グレン、ボブが外に出され、どこかの部屋に連れて行かれると、リック達のように捕まっていたであろう捕虜の何人かがすでにそこに座らされていた。
捕虜の一人は、リックがキャロルと物資調達の際に遭遇した青年・サムだった。
また、終着駅の仲間の男が二人。一人は金属バッド、一人はナイフを持って立っていた。

「よし、やるぞ!」
そういうと、男は捕虜の後頭部をバッドで殴って意識を飛ばし、首をナイフで切って殺した。
順番に捕虜を殺していく男たち。
ついにグレンの手前の男まで殺された。

そのとき、大きな爆発音が聞こえた。
誰かの銃声も聞こえる。
慌てて無線でギャレットに連絡を取ろうとする男たちだったが、連絡がつかない。

リックが男たちの隙をつき、隠し持っていたナイフで男たちを殺した。
ダリル、グレン、ボブの縄をとき、その場を逃げ出した。
隣の部屋では人間の肉の保存所があった。看板で人をおびき寄せ、調理して食べていたのだ。
部屋の外に出ると、外は無数のウォーカーであふれかえっていた。

ウォーキング・デッド シーズン5 第1話 ネタバレ

マギーたちがいる貨物列車に戻る途中、他の捕虜が閉じ込められている貨物列車を見つけた。
見過ごそうとするリックだったが、「助けよう。それが僕らのやり方だ。」グレンの提案に従い、助けることにした。
が、救い出した男は気がくるっていて、すぐにウォーカーに殺されてしまった。

一方、キャロルはタイリース、ジュディスと共に線路を歩いていた。
少し休もうかと森の中に入った時、男の話声が聞こえた。
「あの刀を持った女は危ないと思ったんだ。殺すべきだ。あの保安官の少年もな。帽子は俺がいただく。」
男は一人で無線の相手と話していた。

ミショーンとカールのことだと気付いたキャロルは、男を捕まえて事情を聴こうとした。
男は人を殺す覚悟と、いつでも死ねる覚悟があるらしく、何も話そうとしなかった。
この世界になって、酷い体験をしたようだ。今まであってきた生存者たちと同じように。

終着駅から銃声が聞こえてきた。
キャロルはジュディスと男をタイリースに任せ、ウォーカーの体液を体につけて終着駅に近づき、フェンス越しに中を見た。
すると、リック達が縛られた状態でどこかに連れて行かれた。

キャロルは近くのガスタンクを爆破した。
外にいたウォーカーの大群が終着駅の敷地内に押し寄せてきた。
逃げまどう人々と、ウォーカーを撃退すべく銃を持った人たちが出てきた。

その頃リック達は、終着駅の人たちから銃を奪い、マギーたちを貨物列車から救い出していた。
終着駅の敷地から出て、隠していた武器を掘り起こしたリック。
「戻って皆殺しにする!」怒り狂うリックだったが、「もう出られたんだ。戻る必要はないよ。」反対するグレン。
そこに、キャロルが姿を現した。

キャロルを見つけると、すぐに駆け寄って抱き着き、再会を喜ぶダリル。
「君だったのか。」感謝するリック。
「すぐに来て!」キャロルの後についていくと、タイリースと、タイリースの大きな腕に抱かれた元気なジュディスがいた。
リックとカールはたまらず荷物をすべて放り出し、駆け寄ってジュディスを抱きかかえ、泣いた。

「行こう。あそこから遠くへ。」終着駅から離れるように進むリック達。
「彼には話すよ。そのうちな。」何かを隠しているエイブラハム軍曹。

リックは、「万人の聖域・・・」とかかれた看板を見つけ、「No Sanctuary (聖域はない) 」と書き直した。

ウォーキング・デッド シーズン5 第1話 感想

キャロルがこんなに格好いい存在になるとは!人が変わったようにたくましくなりましたね!
ウォーカーの体液を体に塗ってウォーカーに紛れるなんて、最初の方のキャロルでは想像もできなかったことだと思います。
そのあとも、ガスタンクを爆発させて、一人で窮地のリック達を助けてしまうなんて!

結果的には、あそこでキャロルを逃がしたことは正解でしたね。
感染症に苦しむカレン達を殺して焼いたキャロル。決断は間違っていない、正しいことだと今でも信じているキャロルですが、リック達やタイリースに対する罪悪感はあるようで、今でもリック達の元を離れようとしている節があります。

でも、今回の一件で仲間全員の命を救ってもらったのだから、もうリック達も前のような扱いはできないのでは?
タイリースもキャロルを許しましたしね。

そういえば、ミショーンは日本刀奪われたままじゃ?
日本刀の無いミショーンって違和感ありますね。どっかでまた見つけるのかな?
って言っても、日本刀なんて日本でもなかなか手に入るものじゃないですが、ましてアメリカでは非常に難しそうですね。

終着駅編、あっという間に終わってしまいました。
シーズン4の後半ずっと終着駅をめざしていたのに。
これ1話だけだったら、シーズン4の最後に組み込んだ方が区切りが良かったかもしれませんね~。

何はともあれ、リック達は新たな場所を目指します!
エイブラハムの提案を受け入れてワシントンを目指すのか?
それとも別の安全地帯を目指すのか?
分かりませんが、次回も楽しみです!


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です