ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第2話 王国の鍵

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第2話 あらすじ

タイトル:王国の鍵
原題:Keys to the Kingdom (王国のカギ)

第2話は、チェイスが逃げ込んだ倉庫で、B.J.という従業員に出会い、倉庫の中でリックの写真を見つける話です。

恐怖の倉庫 (The Walking Dead: Cold Storage) とは、2012 年に公開されたWEB限定のウォーキング・デッドのサイド ストーリーです。
全4話、1話あたり6分程度の非常に短いウェビソードシリーズで、チェイスという名の若者が倉庫施設に逃げ込み、そこでB.J.という従業員と出会う物語です。
ちなみに、Hulu で視聴可能です。

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第2話 キャスト

監督: グレゴリー・ニコテロ
脚本: ジョン・エスポジート
公開日: 2012年10月1日(米国)
出演:
チェイス (ジョシュ・スチュワート): 主人公の男性
B.J. (ダニエル・ローバック): チェイスが逃げ込んだ貸し倉庫の管理人

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第2話 ネタバレ

「出てこい!」引き金を引く音が聞こえた。
チェイスは恐る恐る声の主の前に姿を現した。

「ありがとう。」ウォーカーから助けてもらったお礼を言った。
「自分の身を守っただけだ。それよりここから出て行け。」
「いま外には出られない。」
「知った事か。出て行け。出て行かないなら撃つぞ。」
B.J. に脅され、泣き出しそうになるチェイス

「チャンスをくれ。トラックが欲しい。」
チェイスが言うと、案の定B.J.は激怒した。

「頼むよ。あんなの力になるから。」
「どんな力になれるんだ?」
B.J.の問いに、チェイスは、稼働していない発電機を、自分なら稼働できるとB.J.に伝えた。
B.J.は少しの間考えたが、チェイスを信じることにして、中に案内した。

「ここには何でもある。アダルトビデオ、ワイン、ピンボールだってある。」
「他の従業員は?」
「みんな逃げたさ。運が良ければな。」

「ここは警官の貸し倉庫だ。ここの服に着替えると良い。」
チェイスが中に入ると、ダンボールの中に写真があるのを見つけた。
そのダンボールには、本編の主人公リックと親友のシェーンの若かりし頃の写真や、ローリ、カールとの一家だんらんの写真が入っていた。

チェイスがリックの服に着替えようとした時、倉庫の奥からトビラを叩く、大きく不吉な音が聞こえてきた。

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第2話 感想

思わぬところで本編の主人公・リックの写真が出てきましたね~。
こういう本編とサイド・ストーリーが交わる演出ってファンには嬉しいですね。
リックとシェーンの若かりし警官の頃の写真が出てきて、この頃のリックはシェーンと殺し合うことになるなんて想像もしてなかっただろうなと思うと、ちょっと複雑な気持ちになりましたが。。。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です