ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第4話 決断の時

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第4話 あらすじ

タイトル:決断の時
原題:Parting Shots

第4話(最終話)は、放送時間が 1.5 倍の9分になりました!
B.J.に裏切られて銃で撃たれたチェイスは、倉庫の中に戻り、B.J.の元に向かいます。
しかし、監視室にはB.J.の姿はなく、監視カメラには謎の部屋から出てくるB.J.の姿が。。。
部屋にはいったい何があるのか?チェイスは倉庫を抜け出し、妹の元に向かうことができるのか?

恐怖の倉庫 (The Walking Dead: Cold Storage) とは、2012 年に公開されたWEB限定のウォーキング・デッドのサイド ストーリーです。
全4話、1話あたり6分程度の非常に短いウェビソードシリーズで、チェイスという名の若者が倉庫施設に逃げ込み、そこでB.J.という従業員と出会う物語です。
ちなみに、Hulu で視聴可能です。

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第1話 キャスト

監督: グレゴリー・ニコテロ
脚本: ジョン・エスポジート
公開日: 2012年10月1日(米国)
出演:
チェイス (ジョシュ・スチュワート): 主人公の男性
B.J. (ダニエル・ローバック): チェイスが逃げ込んだ貸し倉庫の管理人
ケリー (セリーナ・ヴィンセント): B.J.に監禁されていた若い女性

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第4話 ネタバレ

チェイスが目を覚まし、死体の山から抜け出した。
外に出るとウォーカー化したハリスが近づいてきた。
チェイスはハリスから大型のナイフを奪い、倉庫の中に戻った。

B.J.に会うために監視室に向かったが、そこにB.J.の姿はなく、監視カメラを見ると、B.J.がはだけた姿でとある部屋から出てくるところが映っていた。
チェイスは部屋から銃と鍵を盗み、今チェイスが出てきた部屋に向かった。

部屋に入ると、監禁されて手足を縛られた若い女性姿があった。
「B.J.がみんなを殺して私をここに閉じ込めたの。」動揺するケリーを落ち着かせて、チェイスはケリーを救い出そうと手を差し伸べた。
ケリーはチェイスの手を取り、部屋から出た。

監視カメラでその様子を見ていたB.J.は、隠していた銃を取り出し、館内放送を使ってチェイスに呼びかけた。
「今すぐ銃を捨てろ。その女に価値はない。そして、今度こそお前の息の根を止めると誓う。」

B.J.は監視室から出て、チェイス達の後を追った。
B.J.はチェイスとケリーに追いつくと、銃をチェイスに向け、同時にチェイスは銃をB.J.に向けて対峙する形になった。

「外は地獄だ。出ても生き残れないぞ。今まで何度も俺がお前を助けてきたんだ。」B.J.がケリーに呼びかけた。
「覚悟しているわ。」ケリーが答える。

「二人同時にはいかせない。チェイス、お前は行っても良い。だがケリーはここに残るんだ。俺と共にな。」
「今すぐ彼を撃って!」
悩むチェイス。
B.J.はケリーの前に身を乗り出し、チェイスに出ていくよう圧力をかけた。

その後、外の様子を録画する監視カメラには、トラックに乗り込むケリーの姿が映っていた。
トラックの中には、チェイスの姿もあった。
ケリーは、チェイスがハリスから奪った大型のナイフでB.J.を殺したのだった。

扉が開けっ放しになった倉庫にはウォーカーが入り込んだ。
中では、首だけになってウォーカー化したB.J.が口をパクパクさせていた。

ウォーキング・デッド 恐怖の倉庫 第4話 感想

短編にしては結構面白かったです!
短い時間でも、しっかりと構成とストーリーを組めばいい作品ができるものですね!
突っ込みどころも多かったけど、放送時間の短さを考えたら仕方ないと思います。

本編とはあんまり関係なかったですが、面白かったので、ゾンビ好き、特にウォーキングデッドが好きな方にはおすすめです。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です