フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第1話 パイロット版

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第1話 あらすじ

タイトル:パイロット版
原題:Pilot

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドは、ウォーキング・デッドのスピンオフで、前日譚(ぜんじつたん。本編より前の話)となる物語です。

ニック・クラークが目覚めると、教会の中は静寂に包まれていて、様子がおかしい。
「グロリア?」叫ぶが、返事はない。

恐る恐る階下に降りると、屋内は荒らされていた。
人の気配がして物陰を見ると、そこには首に大怪我をして血を流している死んだ男性が横たわっていた。
武器を取り、グロリアの姿を探すと、返事は無かったが、かがんで何かを貪っているグロリアがいた。

ニック・クラークが安堵して近づくと、グロリアは横たわる男性をむさぼり食べていた。
ウォーカー化したグロリアが襲い掛かってきたため、男は外に飛び出した。
道路に出たところで車にはねられ、病院に搬送された。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第1話 ネタバレ

ニックは病院に担ぎ込まれて理由を話したが、麻薬中毒者だったため、誰にも信じてもらえなかった。
また、ニック自身も麻薬のせいで幻覚を見たと思い込み、警察の事情聴取を茶化して答えた。

ニックの母親でシングルマザーのマディソン・クラークは、高校で英語教師をしているボーイフレンドのトラヴィス・マナワと娘のアリシア・クラークを連れてニックの見舞いに来た。
しかし、マディソンは高校の進路指導カウンセラーをしていて、その日はすぐに高校に行かなければいけなかったため、ニックをトラヴィスに託して、アリシアを連れて高校に向かった。

高校に着くと、その日は感染症で休む生徒が多いとのことだった。
生徒の一人のトバイアスが学校にナイフを持ち込んでいたのに気づいたマディソンは、生徒からナイフを取り上げ、理由を聞いた。
いじめ対策かとおもいきや、トバイアスは、感染症で人が狂うため、自分の身を守るためにナイフを持ち込んだと語った。

病院では、ニックがトラヴィスに、交通事故に会う前に見た悪夢を語った。
麻薬の常習者があつまる教会の廃墟で薬を打ち、起きたら友人の少女が人間をむさぼり食べていて、少女が襲いかかってきたから逃げたところで車に衝突してしまったという話だった。
ニックが嘘を付いているとも思えず、幻覚だとは思いつつも気になったトラヴィスは、夜に一人で教会の廃墟に向かった。

ドアの影に気配を感じ、ドアを開けると、泣き叫びながら男が飛び出してきた。
「頼む!殺さないでくれ!」
男の後を追うと、階下にはおびただしい量のちだまりが広がっていた。
トラヴィスは恐怖し、すぐに教会を飛び出した。

翌日、トラヴィスはマディソンに昨夜のことを話し、廃墟で何かがあったことは事実だと話してニックの力になりたいと伝えた。
しかし、完全に幻覚だと思い込んでいるマディソンは、そんなことはしてほしくないと拒否した。

ニックは、同室の患者の容体が急変したのをチャンスと見て、患者の服に着替えて病院を抜けだした。
マディソンはニックが教会の廃墟に戻ったものと考え、トラヴィスと一緒に教会に向かった。
教会に入ると、血だまりは乾ききっていたが、マディソンにも何か教会で惨劇があったことがすぐに分かった。

車で家に戻る頃には、もう夜になっていた。
道路がやけに混んでいて、空にはヘリが飛び、銃声まで聞こえた。
「安全のため、車から出ないでください。」スピーカーからは警告の声があった。
明らかに様子がおかしい。

翌日、高校に来る生徒は圧倒的に少なくなっていた。
また、インターネットには異様な動画が公開されていた。
事故に合った人間がレスキュー退院に襲いかかり、何度銃で打たれても立ち上がり襲い掛かってくる。
最後には頭を銃で撃ち抜かれ、殺されるという衝撃的な映像だった。

ニックは、親友で麻薬の売人であるカルの元に訪れ、事情を話した。
ニックもカルも、ニックの見た惨劇は麻薬の幻覚だと信じていた。
カルは、ニックから麻薬の売人の話が漏れることを恐れ、ニックを車で工業地帯の川辺に連れて行き、銃で殺そうとした。
ニックはカルが銃を持っていることに気づき、襲いかかってもみ合いになると、カルは銃の暴発で胸を打たれ、死んでしまった。
ニックは恐怖し、その場を逃げ出した。

ニックはどうして良いかわからず、トラヴィスを読んだ。
トラヴィスがニックの約束を破り、マディソンも連れてきた。
ニックはカルを殺したことを打ち明け、3 人でカルを殺した場所に戻ったが、そこにカルの遺体は無かった。

動揺するニックを車に乗せて帰ろうとすると、車の前にニックが立ちはだかった。
血だらけのままふらつきながら歩き、様子がおかしい。
トラヴィスとマディソンはカルに近づいていったが、手を差し伸べようとしたところを噛まれそうになった。
すんでのところで避けたが、明らかに様子がおかしいカルに対し、ニックは母親を守るために車でカルをはねた。

しかし、カルは全身血まみれ、骨は肉を突き出し、眼の焦点は合っていない。
ほぼ死んでいるような状態にもかかわらず、それでも動き出そうとしていた。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第1話 感想

正直言って、1 話はあんまりストーリーも進まなくて面白くなかったかなと思います。
最後のほうでやっと物語が進み始めたけど、前日譚とはいえ、ウォーキング・デッドのシーズン 1 みたいに、もっとテンポよく進んでいく方が個人的には好きです。
まぁでもラストでやっと話が進んできたので、第 2 話からの盛り上がりに期待したいと思います。

しかし、シングルマザーの母親に、バツ一で子供もいる義理の父親、成績優秀の娘とヤク中の息子とは、なんて特別な家族が主役なんだろう。
普通のキャラクターじゃつまらないのはわかるけど、ここまで特別な設定にしなくても良いのでは?
アメリカのドラマって、不思議だな~。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です