フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第3話 犬

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第3話 あらすじ

タイトル:犬
原題:The Dog

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドは、ウォーキング・デッドのスピンオフで、前日譚(ぜんじつたん。本編より前の話)となる物語です。

床屋に逃げ込んでいたトラヴィス達だったが、隣の家が押し入れられ、火をつけられて家事になった。
仕方なく家を出たトラヴィスたちは、外で暴動に紛れてウォーカーが人を襲って着実に増えている姿を見た。
暴動に騒ぐ人たちをかき分け、トラヴィスたちは暴動から逃げ出せる方向に向かって進んだ。

途中、床屋の奥さんが暴動倒れてきた格子の下敷きになり、脚を踏み潰された。
なんとか救い出して車に乗り込み、病院に向かうことにした。
しかし、病院でも暴動があったらしく、病院は警官に封鎖されていた。
警官隊は銃を装備していて、病院から出てくるウォーカーを遠距離から撃ちぬいていた。
トラヴィスは病院を離れ、マディソンのいる家に向かった。
途中、街の明かりが次々と消える異様な光景を目にした。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第3話 ネタバレ

マディソンの家では、気を紛らわすため、モノポリーをして遊んでいた。
意外にもノリ気な娘と息子は、すぐにモノポリーに熱中した。
しかし、突然停電がおきて明かりが消えた。

懐中電灯で当たりを見回すと、ウォーカーと化した隣人が近づいてくる姿が見えた。
3人は、隣人のトランが銃を持っていることを思い出し、銃をとりにトラン家に向かった。
トラン家に入り、名前を呼ぶが返事が無い。
無断で家の中に侵入し、銃と弾を見つけて確保した。

ガラス越しにマディソン家を見ると、ウォーカーが家に侵入していく姿が見えた。
そこにトラヴィスが帰ってきて、家に入っていく。
マディソンは急いで銃を持ってマディソン家に向かった。
しかし、マディソンもニックも銃の弾を忘れていたため、アリシアがトラン家に取りに戻った。

マディソン家に侵入したウォーカーは隣人のピーターだった。
トラヴィスがピーターを壁に押し付け、マディソンが撃とうとしたが、隣人であることを知って撃てずにいた。
床屋の主人がマディソンから銃を借り、ピーターの頭を撃ち抜いた。

一方、アリシアがトラン家で銃の弾を集めていると、空になった薬の瓶が落ちていた。
また、ウォーカーがアリシアに襲いかかってきた。
なんとか救いだしたが、クリスはアリシアに肘鉄を入れられ、鼻を怪我してしまった。
また、ウォーカーは隣人の変わり果てた姿だと気づき、一同は驚愕した。
その日は家に泊まり、翌朝家をでることにした。

床屋の家族は、トラヴィス達と一緒に行動するか、脚を怪我した妻と若い娘の3人家族だけで行動するか話し合っていた。
床屋の主人はいとこ

翌朝、クリスは床屋の主人から銃の扱いについて教わった。
マディソンは、ずっとお世話になっていたスーザンがウォーカーになった姿を見て耐え切れず、スーザンを救うためにトンカチでスーザンを殺そうとしていた。
「もしかしたら治す方法があるかもしれない。」トラヴィスが説得し、スーザンはそのまま放置することにした。

そして、マディソンたちは荷物をまとめ、すぐに車で街を出ることにした。
途中、出張から帰ってきたスーザンの夫・パトリックがスーザンの変わり果てた姿を見てスーザーに抱きつこうとしたところ、米軍特殊部隊がやってきてスーザンの頭部を撃ちぬいた。
特殊部隊はスーザンとパトリックを確保し、トラヴィスたちに家から出ないように伝え、街から出て砂漠に向かう計画は実現できなくなった。

「装甲部隊が来た。すぐに自体は収束するよ。」トラヴィスがマディソンと自分に言い聞かせるように言った。
「もう手遅れだ」床屋の主人は言った。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン 1 第3話 感想

やっと本格的なウォーキング・デッドの世界になってきました!
ゾンビのヘッドショットも出たし、これでこそウォーキング・デッドの世界!
もっとウォーカー出て欲しいけど、とりあえずは事態が進展して面白くなってきました!

話は変わりますが、トラヴィスはガールフレンドのマディソンと前妻のライザの間で大変そうです。
複雑な状況で、しんどそうだな~。
一夫多妻の世界に若いころは憧れることも合ったけど、今は全く憧れません。

あと、床屋の主人が何故か銃に詳しいのが意外すぎて笑えました。
ニックはイケメンだけど、ヤク中でだいぶやばいな。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です