ウォーキング・デッド シーズン6 第3話 逃げ場のない道

ウォーキング・デッド シーズン6

ウォーキング・デッド シーズン6 第3話 あらすじ

タイトル:逃げ場のない道
原題:Thank You

群れの半数のウォーカー達 (半数と言っても、数百から千以上の数) はクラクションの音に惹かれ、アレクサンドリアの町に向かおうとしていた。
リック、グレン、ミショーンと数人の住人たちは、森を通って町に戻ろうとしていた。
リックは一人だけ別行動し、群れから外れた半数のウォーカー達を群れに戻す作戦を単独で実行することに。

ダリルはたまりかねて、群れの先導をサーシャとエイブラハムに任せ、別行動をとった。

グレン、ミショーンと数人の住人たちは、森を抜ける途中で十数匹のウォーカーに遭遇。
むやみに撃つなよという警告を無視した小僧が仲間の足を打ち抜き、恐れをなして一人で逃走した。
また、一人はあらかたのウォーカーを倒した後に油断して肩をかまれてしまった。
グレン、ミショーンは、数人のけが人を連れて町まで戻らなければならなくなった。

途中の廃墟と化した町で車を探したが、車は見つからず。
一人で逃げ出したスタージェスという小僧は、殺され、ウォーカーに食われていた。
町にはウォーカーが集まってきてしまったため、一時ペットショップに隠れ、けが人を治療することに。

ウォーキング・デッド シーズン6 第3話 ネタバレ

グレンは、廃墟と化した町の家をいくつか焼き、ウォーカーを引き寄せる作戦を提案した。
「私がやるわ。あなたには奥さんがいる。」と提案するミショーンに、
「だからこそ俺がやるんだ!」と勇敢に答えるグレン。それでこそグレン!死亡フラグだけど、死なないでほしい!

「飼料小屋なら乾燥した飼料があるから燃えるはずだ。俺も行く。」と改心したニコラスは、だんだんとグレンに惹かれ、心から仲間になってきている。
もともとはいいやつだったんだね~、ニコラス。
ただ、名前からして死にそうなキャラ(バイオハザード3のニコラスとか)だし、グレンの死亡フラグをニコラスが引き受けたっぽい雰囲気がある。
なんにしても、グレンはニコラスの案内で飼料小屋を焼く計画を進める。

「私たちは置いて行って。私たちを連れてったら逃げられない。」足をくじいた女性と足を撃たれた男性が言った。
「俺たちは仲間だ。絶対に置いて行ったりしない!」ヒースが答える。

リック達に対して疑心暗鬼なヒース。ミショーンはヒースと二人になったときに核心を突く。
「リックは俺たちを守るつもりはないんだろ。」本音を吐くヒース。
「あなたはリックのことを何も知らない。私たちは外の世界で生きてきたの。あなたと違い、生き延びる方法を知っている。」
「俺も調達部隊として外の世界で生きてきた!」
「仲間を殺した人間を殺したことは?自分が恐ろしくなったことは?自分やウォーカー、仲間の血で血まみれになったことは?あなたは何もわかってない。」
ヒースは何も言い返せなくなった。

一方、リックはバリケードに使っていたRV車まで走って戻っていた。

ペットショップに隠れていたミショーン達だったが、奥の倉庫に隠れていたウォーカーの声で外のウォーカーが集まってきてしまった。
群れから外れた無数のウォーカー達がペットショップの周りに押し寄せてきてしまい、ミショーンは手遅れになる前にペットショップの外に出ることにした。

足首をくじいていた女性が途中で倒れ、ウォーカーの餌食に。
また、肩をウォーカーにかまれた男性もウォーカーの群れにかまれ、かみ殺されてしまった。

グレンとニコラスも飼料小屋に行く途中でウォーカーの群れに見つかり、周りを取り囲まれてしまった。
最悪の状況でニコラスは発作が起きてしまい自殺。グレンと一緒にウォーカーの群れに落ち、ウォーカーの餌食になってしまった。
グレンの内臓をむさぼるウォーカー達。

ミショーン、ヒース、足を撃たれた男は廃墟と化した町から抜け出し、森の中を必死に歩いていた。

ダリルはリックの無線を聞き、サーシャとエイブラハムのいる群れの戦闘まで戻ってきた。

RV車で合流地点に着いたリック。
グレン、トビーに無線で呼びかけるが、返答はない。
アレクサンドリアの町を襲った男たちの生き残りが、リックのすきをついて近づいてきて、RC車のリックに襲い掛かってきた。
リックは2人の男に襲われたが、自分の身を守り、逆に男たちを銃で撃ち殺した。
その仲間たちもマシンガンで撃ち殺したが、襲撃のせいか、RV車のエンジンがかからなくなってしまった。
気づいたら群れから離れた無数のウォーカー達は森からうようよと現れ、RV車を取り囲み始めていた。

ウォーキング・デッド シーズン6 第3話 感想

おいおい、本当にグレン死んじゃうのか!ニコラスが犠牲になってグレンは生き残れるフラグかと思っていたのに。
海外ドラマ、人気の主要人物を簡単に殺すのやめてほしいよな。
リック、グレン、ダリルは少なくとも生き残るかと思っていたのに。
特にグレンには死んでほしくなかった。

ニコラス、改心仕掛けてたのに、あそこであきらめてグレンを道ずれにするなんて、最悪な奴だ。
せめて自分の身を張ってグレンを助けるくらいの男気を見せてほしかったよ。

今回のリックの作戦自体、なんだかいまいちだったんじゃないかな?
例えば、窪地の前に大きめの落とし穴を掘って、そこに竹やりとかを仕掛けて落ちたら死ぬようにすると。
そうして落とし穴に一本道で誘導して、ある程度のウォーカーが落ちたら火炎瓶で焼き放つとかしたらどうだったんだろう?
最初の数十匹は竹やりで動けなくなるし、そのあとは火炎瓶を定期的に投げ続ければウォーカー達は勝手に炎の中に落ちていくし。
落とし穴もいつか埋まるだろうけど、そこにまたバリケードを張っておいて、その間に次の落とし穴を作っとけば、もうちょい安全に駆除できたんじゃないかな?

この作戦のデメリットとしては、煙が上がって近くの人間を呼び寄せちゃうことかな。
いまいちかな?


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です