ウォーキング・デッド シーズン6 第8話 雪崩

ウォーキング・デッド シーズン6

ウォーキング・デッド シーズン6 第8話 あらすじ

タイトル:雪崩
原題:Start to Finish

父親が死んだショックで引きこもりをしていたサムの部屋に、怪我をしたディアナを抱えたリック達がやってきた。
「音楽を消して、怖くないふりをして隠れていなさい。」ジェシーは息子に話、部屋を出ていった。

キャロルはモーガン殴られ、まだ頭が痛んでいたが、外はウォーカーだらけなので家の中で安静にしていた。
モーガンの家の1階では、もともと町を襲った奴らの仲間で、ウォーカーにかまれた青年が医者と二人きりで部屋にこもっていた。
青年の傷口を見ると、ウォーカーにかまれた傷ではなかった。車を襲った時にバンパーで腹を裂かれた傷だと言った。

一方、サムの部屋にかくまわれているディアナの傷は深刻だった。
町の拡張計画について話すディアナとミショーン。

ロンは自暴自棄になり、銃を抜いてカールに襲い掛かろうとした。
カールが止めに入るが、ロンは手に持ったしゃべるで窓をたたき割り、大きな音を出してウォーカーを家に引き入れた。
リックとジェシーが部屋に入ると、部屋にはもうウォーカー達がなだれ込んでいた。

ロンとカールを部屋の外に出し、扉を閉めた。
カールはロンと二人になったとき、ロンから銃を取り上げた。
2階では赤ん坊のジュディスが泣き出してしまった。
リックが2階に上がると、怪我で横たわっていたはずのディアナの姿がない。

ジュディスの部屋に行くと、ディアナがジュディスに覆いかぶさっていた。
手に持った斧を振り下ろすリック。
「まだよ!」寸前で斧を止めたリック。
ディアナは、まだウォーカーにはなっていなかった。
最後に一目赤ん坊を見たかっただけだといった。

ウォーキング・デッド シーズン6 第8話 ネタバレ

ディアナは、スペンサーとマギーに向けた手紙をリックに渡した。
「仲間と同じように、息子を守って。この町の人たちは全員あなたの仲間なのよ。」
「そうとも言い切れない。」本音で話すリック。
「あなたが好きだから助けたわけじゃない。あなたが仲間だから助けたの。」

1階では、無数のウォーカーに持ちこたえられず、ドアとバリケードを破ってウォーカー達が家の中に侵入してきた。
ミショーンとリックが先頭に立ち、全員を2階に避難させた。
リックは、ソファで階段に新たなバリケードを作り、手斧で2体のウォーカーを倒し、2階に上がった。

ウォーカーのはらわたをぶちまけ、体に塗って武器庫まで逃げ出そうと提案した。
シーズン1のときにグレンとリックが行った作戦だ。懐かしい。
明らかに怪訝な顔をする仲間たち。
「ディアナはどうする?」ガブリエルが声を発した。

ミショーンは、ディアナのもとにやってきた。
「何が起こってるの?」
「奴らが中に入ってきた。私たちは行かなきゃいけない。」
「まだ心の準備ができてないの。もうすぐできるから、その時は自分でやる。」ディアナは手に持っていた銃をミショーンに見せた。
「いつかこの痛みは有益となるだろう。」ディアナはラテン語の格言をミショーンに話した。
「今度はあなたが望む番よ。もう行きなさい。」

リック達は、体中にウォーカーの退役を塗りたくっていた。

キャロルはモーガンの一瞬のスキを突き、1階に逃げ出した。
ナイフを持ったキャロル。ただ、棒を持ったモーガンの前には無力だった。
「ナイフはいらない。話をしよう。」

住人を虐殺した青年を殺そうとするキャロルと、それを止めようとするモーガン。
キャロルは青年を殺すためにモーガンに襲い掛かる。
モーガンはキャロルを止めるために、かなり大技を決めてキャロルの意識を失わせた。
モーガンの一瞬のスキをついてナイフを奪い、モーガンを攻撃した青年。
青年はナイフを構えて医者を脅した。

タラ、ロジーナ、ユージーンも家の中に隠れていた。
「エイブラハムは死んだ。そう思うの。」
「死んでないわ。まだ生きてる。まだ死んだところを見てないもの。」
鍵のかかったドアを、ユージーンが意外な特技のピッキングで開けた。

モーガンの家で青年が、気を失って倒れているモーガンとキャロルの前で、医者にナイフを突きつけて脅した。
そこにタラ、ロジーナ、ユージーンは隣の部屋から鍵を開けてやってきた。
再燃に対して銃を突きつけるタラとロジーナ。
青年は銃を奪い、医者と一緒に外に出て行った。

体液を塗り終えたリック達は、ウォーカーの中を歩いて出て行った。
ディアナは、手に持った拳銃で、忍び寄るウォーカー達を殺し、雄たけびを上げた。

トラックを走らせていたダリル、エイブラハム、サーシャは、武装したバイカーの集団に出くわした。
「武器も、食糧も、トラックも、燃料も、すべてお前たちのものじゃない。」リーダーらしき男は言った。
「じゃあ誰のものなの?」
「すべてニーガンのものだ。」

ウォーキング・デッド シーズン6 第8話 感想

やっとグレンが戻ってきたと思ったら、アレクサンドリアの町のバリケードは壊され、無数のウォーカー達がなだれ込んで壊滅状態。
一難も去ってないのにまた一難。こういう展開好きですね~。

人を信じたいモーガンの気持ちは尊いけど、こういう展開では邪魔にしかならないかも。
まぁ誰も殺さずに (医者は連れて行っちゃったけど) ウォーカーの群れに飛び込んだから、そこで死んじゃうんだろうな。

ダリル、エイブラハム、サーシャも謎の武装集団につかまっちゃうし。
リック達も、武器庫までたどり着いたとしても、仲間はまだ大勢町に残っていて分断された状態だし、この後どうなるんだろう?
早くも次の回が気になります!


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です