ウォーキング・デッド シーズン6 第10話 ジーザスと名乗る男

ウォーキング・デッド シーズン6

ウォーキング・デッド シーズン6 第10話 あらすじ

タイトル:ジーザスと名乗る男
原題:The Next World

アレクサンドリアは壁を再建し、生活を取り戻していた。
カールは一命をとりとめ、普通に生活できるまでに回復していた。
ジュディスも大きくなり、すくすくと育っていた。

リックとダリルは、食料と人を探すため、2人で車で壁の外に出て行った。
リック達は、ユージーンが調達を求めたソルガムを探しに、ある倉庫に立ち寄った。
ソルガムは、感想に強く、食糧としても飼料としても優秀らしい。
そこで中型のトラックと大量の食糧、物資を手に入れ、帰りはその中型トラックで戻ることにした。

トラックでの帰り道、たまたまガソリンスタンドに立ち寄った際、若い男がリックに体当たりしてきた。
その男は、ポールと言い、どこのキャンプにも属していないという。
仲間に入れようとしたリックだったが、男はひょうひょうとその場を離れ、走って逃げて行った。
そのとき、銃声がしてリック達は音の方に近づくと、それはポールが仕掛けた爆竹だった。
ポールは、最初に体当たりしたときにリックからトラックのカギを奪っていて、そのままトラックを盗んで逃げて行った。
大量の物資ごとトラックを奪われ、その場に立ち尽くすリックとダリル。

ウォーキング・デッド シーズン6 第10話 ネタバレ

ミショーンが見張り台の上で監視しているとき、ディアナの息子・スペンサーがシャベルをもって一人で出ていくのを見かけた。

カールはイーニッドと一緒に壁の外に抜け出し、森を散策していた。
森の中で一匹のウォーカーに遭遇した。ウォーカーの顔を見て驚くカールとイーニッド。
カールはイーニッドを先に返し、自分はその場に残った。

カールがウォーカーを引き付け、森の中を進むと、ミショーンとスペンサーがいる場所に出た。
ウォーカーはディアナだった。
スペンサーが森の中をさまよっていた理由は、森の中でディアナを見たような気がしたからだったと言った。
スペンサーはけじめとしてディアナにとどめを刺し、ディアナのための墓を作った。

リックとダリルは、奪われたトラックの後を追って走っていた。
しばらく進むとタイヤがパンクしたらしく、ポールが立ち往生していた。
リックとダリルはトラックを奪い返し、車を修理してアレクサンドリアに帰った。

帰り道の途中、ポールが車の上に載っていることに気付き、トラックをとめたリック。
トラックから降りたポールとひと騒動起こしているうちに、トラックは湖に落ちてしまった。
仕方なく、他の車を探し、ポールを連れて帰ることにした。

アレクサンドリアに戻り、デニースにポールを看病してもらったが、ポールの意識は戻らなかった。
ダリルはポールを見張ることにし、リックは家に帰って休んだ。
家ではミショーンが暖かく迎えてくれ、リックはミショーンと体を重ねた。

ミショーンと一緒に寝ているとき、近くでリックを呼ぶ男の声が聞こえた。
「リック。起きるんだ。話し合いをしよう。」
目の前には、ポールが立っていた。

ウォーキング・デッド シーズン6 第10話 感想

リックとミショーンがキスしたことに驚き!
アメリカのテレビで、しかもこんなに人気のあるドラマで、白人と黒人が恋に落ちるストーリーが描けるなんて、アメリカもずいぶん寛容になったんだな~。

ウォーキングデッドって、全米で視聴されていた気がするけど。
北アメリカはともかく、南アメリカではいまだに黒人に対する差別意識が強いって聞くけど、批判の声とか大丈夫だったのかな?
ツイッターとかフェイスブックとか、炎上しかねない展開だと思うんだけどな。

新キャラのポールは、二―ガンの仲間かな?
皮ジャン着ててバイクも似合いそうだし。
シーズン7は二―ガン一味と戦うことになりそうなので、ポールはその先がけかなと思います。

額にWを刻んだ破滅主義の集団は、どうなるんだろ?
二―ガンとは関係なさそうだけどな。
結局ある程度の数は森に逃げて生き延びてるっぽいし、まだ勢力としては大きいと思うんだけど、なんかあんまり今後のストーリーに絡んでこなさそうな気もする。

はてさて、次回はポールの正体も少しは見えてくるだろうし、新展開が楽しみですね!


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です