ウォーキング・デッド シーズン7 第5話 消せない憎しみ

ウォーキング・デッド シーズン7

ウォーキング・デッド シーズン7 第5話 あらすじ

タイトル:消せない憎しみ
原題:Go Getters

マギーが目を覚ますと、そこはヒルトップの病院のベッドの上だった。
産婦人科医のカーソンが、マギーにおなかの子供は無事だったことを伝えると、マギーは安堵した。
外でマギーを心配していたサーシャに連れられ、グレンの墓へ。
サーシャはマギーに、グレンが死ぬまで持っていた形見で、マギーの父親の形見でもある時計を手渡した。

そこに、ヒルトップの町長であるグレゴリーが現れた。
グレゴリーは、アレクサンドリアとヒルトップが取引したことが二―ガンにばれるのを恐れ、マギーとサーシャにすぐヒルトップを出て行くように伝えた。
ポールが説得しようとしたが、グレゴリーは二―ガンを完全に恐れきっていて、一晩だけ泊まることを許したが、翌朝には出て行くように伝えた。

リックは、物資調達のためにアレクサンドリアの外に出ようとしていた。
ミショーンはアレクサンドリアに残り、二―ガンへの対処方法を考えることにした。

ウォーキング・デッド シーズン7 第5話 ネタバレ

イーニッドは、アレクサンドリアの壁を越えて、マギーのいるヒルトップに歩いて行こうとしていた。
偶然それを見つけたカールがイーニッドを止めたが、イーニッドは聞かず、一人で壁をよじ登ろうとしていた。
「もう守らないぞ。」
「平気よ。」イーニッドは強気に答え、壁を上って外に出て行った。
ヒルトップへの道の途中で自転車を見つけ、道路をすいすいと走るイーニッドだったが、途中でウォーカーに遭遇した。
ウォーカーがイーニッドに迫ってきたとき、どこからともなく現れた車がウォーカーを跳ね飛ばした。
車から顔を出したのはカールだった。
「いったい何してるのよ!」
「ただのドライブだよ」イーニッドの言葉に、カールが答えた。

サーシャは、ポールに、グレゴリーの代わりにヒルトップのボスになるよう伝えたが、ポールは煮え切らずにいた。
「どうする?」ポールが部屋を出た後、入れ替わりに入ってきたマギーがサーシャに聞いた。
「どうせ追い出せっこないわ。グレゴリーはバカ野郎よ。」
「いいえ、臆病ものよ。もっと危険だわ。朝までにどうすればいいか考える必要があるわ。
サーシャは頷いた。

その夜、マギーとサーシャが目を覚ますと、外には火がついていて、ヒルトップの門は開き、車から大音量の音楽が流れていた。
音につられて、開いている門から無数のウォーカー達がヒルトップの町に入ってきていた。
サーシャは天井から部屋を抜け出し、大音量の流れている車の音楽を止めに行った。
しかし、車は難く閉ざされていて、開けることはできなかった。
ポールとサーシャは扉を閉めに行った。
マギーは機転を利かし、大型の農業用トラクターで音楽の流れていた車を踏みつぶし、ぺちゃんこにして音を止めた。

翌日、ポールがグレゴリーに、サーシャとマギーの滞在の件を話していた。
「マギーは妊婦だし、恩人でもある。サーシャもだ。滞在を許可してくれ。」
グレゴリーはポールの話を一切聞かず、一貫してサーシャとマギーの滞在には反対していた。
マギーとサーシャが部屋に現れると、「昨夜のお礼に、ジャムを渡すよ。早く出て行ってくれ。救世主がいつ来るかわからないんだ。」

「私は行く。だけど彼女は残して。」サーシャは言った。
「取引には応じない。」グレゴリーは冷たく対応した。
そのとき、門を開けて難題もの車がヒルトップに入ってきた。
二―ガンの部下達が、大勢でヒルトップになだれ込んできた。

イーニッドとカールは二人で道路を歩いていた。
「閉じ込めてごめん」カールは、イーニッドの安全のためにイーニッドをクローゼットに閉じ込めたことを誤った。
打ち解けた2人。
カールは途中で、道に落ちていたバッグの中に 2 人分のローラースケートが入っていることを見つけた。
カールとイーニッドは、手をつなぎながら楽しそうに道路を走っていった。

「挨拶に来たわけじゃないんだ。例の件は聞いたか?」
「何のことだ?」二―ガンの部下にグレゴリーが聞いた。
「物資を取りに来ただろ?有能で武装した兄弟や姉妹たちだ。ゲームから外されてね。」
「どういう意味だ?」
「わかるだろ?話そうぜ。」
グレゴリーと二―ガンの部下は一緒にグレゴリーの書斎に入っていった。

「昨夜のこと、意味は分かっている。」
「どういう意味だ?言ってみろ。」
「ボスが誰だか、理解している。」
「高い壁に囲まれ、住人達は死人の恐怖を忘れているだろ。だから教えてやろうとしたんだ。そのあとサービスで助けようとした。しかし、自分たちで対処したようだな。よくやった。」
「君たちから技術を学んだおかげだよ。つまり君たちが守ってくれたんだ。」グレゴリーはゴマをすった。

「ここに来てた連中は、お前たちに甘やかされたんだな。だから油断しちまった。だから死んだんだ。」
「死んだのか?」グレゴリーは救世主が全滅したことを知らなかったらしく、驚いた。
「あぁ、殺されまくった。大量にな。だが、仲間を殺しまくった奴らは、今や俺たちのために働いている。」
グレゴリーは複雑な顔をした。
「何かあるなら話してみろ。ん?」
グレゴリーは神妙な顔をした。「実は、あるんだ。」
グレゴリーは、二―ガンの部下を奥の部屋に案内した。
その部屋を開けると、二―ガンの部下は驚いた顔をした。

「すごいじゃないか。驚いた。」その部屋には超高級なスコッチが何本もあった。
「俺はジン派だ。が、二―ガンは喜ぶだろう。」
グレゴリーは笑顔で一本差し出そうとしたが、二―ガンの部下は丸ごとすべてをもっていった。
「これは俺から二―ガンへのプレゼントにするが、良いよな?手柄を立てたいんだ。だが、今回のことは大きな意味があるぞ。」二―ガンの部下は満足そうに意味の分からないことを言った。
「よし、では物資の半分をいただいて行こう。たいしたことはない。たった半分だけだ。」
「あぁ、一つ忘れていた。グレゴリー、膝まづいてくれ。」
「どういう意味だ?」
「良いから、膝ま付け。」
グレゴリーが屈辱の顔をしながら、大勢の男たちの前で二―ガンの部下に膝まづいた。
二―ガンの部下はグレゴリーの頭を小突き、「良い眺めだ。」と満足そうに言った。

「廊下のクローゼットに入れと言っただろ!」グレゴリーは激怒しながら自分の寝室にやってきた。
寝室のクローゼットからは、マギーとサーシャが出てきていた。
「見つかったら殺されていた。」
「黙ってろ!」サーシャに対し、グレゴリーが怒りをあらわにした。
「黙れ!滞在させるか、(二―ガンとの交渉を) 公表するかだ。」ポールは強くでた。
「つまり、君が代わりにボスになるのか?」
「いいや。だが、グレゴリー、あんたじゃない。マギーもサーシャも残る。幸せでいびつな大家族だ。」

「どうなるか見ものだな。俺は救世主との関係を一歩前進した。彼らは分別がある。」
マギーはぶち切れ、グレゴリーの顔を殴った。
よろけたグレゴリーのベルトから、時計がちらりと見えた。
取り出すと、グレンの形見の時計だった。
「良い時計が雨ざらしになっていたからな。」グレゴリーは言い訳するように言った。
「一緒に暮らすんだから、ちゃんと名前で呼んで。マーシャでも、ハニーでもないわ。私の名前はマギー。マギー・リーよ。」

「選ばれて町長になったのかと思っていたが、成り行きだったようだ。適任者ではないが、今は必要だ。」ポールは言った。
「埋め合わせはする。二―ガンの場所は?」サーシャは聞いた。
「トラックが一台ある。二―ガンの居場所を突き止めるよ。」ポールが答えた。
マギーがグレンの墓に行くと、イーニッドがそこに座っていた。
マギーに気付くと、駆け寄ってきた。
「大丈夫?」
「いいえ。でも、すぐ立ち直るわ。」マギーは答えた。

マギーは、グレンの形見の時計をイーニッドに渡した。
「形見はいらない。私たちがいるわ。」マギーは言った。

ヒルトップの物資の半分を積んだトラックが、二―ガンのもとに戻っていった。
ポールがこっそりとトラックに乗り込み、グレゴリーのスコッチを一口飲むと、惜しげもなく瓶の中身を外に捨てだした。
「へいっ」
グレゴリーに語り掛ける声を聴き、驚いて声の方を向くと、カールがいた。
カールも二―ガンのトラックに侵入して二―ガンのもとに行こうとしていたらしい。

ウォーキング・デッド シーズン7 第5話 感想

やっぱり、まだグレンが死んだことが悲しいな。
マギーの父親のハーシェルの形見が、そのままグレンの形見になってしまった。
それはイーニッドに渡さなくても、おなかの子供に渡してもよかったんじゃないかな?

それにしょてもグレゴリー、なんてダメダメな奴なんだろう。
二―ガンにあからさまにゴマすって、妊婦のマギーをウォーカーだらけの壁の外に追い出そうなんて、人としてどうかしてるぜ。
あげく、二―ガンの部下にマギーとサーシャを差し出そうとする卑劣さ。
いくらわが身可愛さとはいえ、とても人の上に立てる器とは思えない。

グレゴリーの後をポールが引き継いで、ヒルトップ、キングダム、アレクサンドリアが手を組めば、大きな勢力になるんじゃないかな?
とはいえ、それでも二―ガンの戦力のほうが上かもな。
やっぱり、二―ガン内部の反抗勢力と手を組んで、内部抗争に乗じて奇襲をかけるほうが効果がありそうだな。
そうなると鍵を握るのは、ダリルと D かな?

ポールは、初登場の時と比べて、だいぶ頼りになる空気をまといだしてきましたね。
実は肉弾戦も結構いける口出し、身のこなしも素早いし、侵入とかうまそうだし、機転も利くから仲間になったら心強そうだ。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です