ウォーキング・デッド シーズン2 第4話 白いバラ

ウォーキング・デッド シーズン2

ウォーキング・デッド シーズン2 第4話 あらすじ

タイトル:涙に咲く花
原題:Cherokee Rose

路上のキャンピングカーに寝泊まりしていたリックの仲間たちが民家に集まり、しばらくは民家を拠点にしてソフィアを探すことになった。
カールは意識を取り戻し、順調に回復の兆しを見せている。

農場にある井戸で水を補給しにきたところ、井戸の一つにウォーカーが落ちているのを発見!
このままでは井戸が使えなくなってしまう!

仲間たちは協力してウォーカーを生け捕りにしようとするが、縄につなげたハムには見向きもしない。
仕方なくグレンに縄を付けて井戸の中に投入!
しかし、縄を付けていたポンプが老朽化していてグレンの重みに耐えられず、ぽっきり折れてグレンは井戸の下に急降下!

なんとかギリギリのところで止まり、グレンは無傷で引き揚げられたが、本当いつも損な役回りのグレン。可哀想。
「仕方ない。もう一度やるか」
「もう一度だって?ごめんだね!」グレンが手渡した縄にはしっかりとウォーカーが結び付けられていた。グレン格好いいな!

グレンが命がけでくくりつけた縄でウォーカーを引き上げるが、重量オーバーと水ぶくれのため、途中で下半身がちぎれて井戸に落下。
結局井戸は使えなくなってしまった。グレンの命がけの頑張りは何だったのか?やっぱグレン可哀想。

しかも、物資調達の名人として、ハーシェルの娘のマギーとともに町の薬局へ!
薬局についてコンドームを見つめる、お年頃のグレンに、マギーから「私としてみない?」という積極的アピールが!
驚きつつも喜びを隠せないグレン!やったぜグレン!やっと幸運が回ってきた!

果たして、グレンはこのまま童貞脱出できるのか?

ウォーキング・デッド シーズン2 第4話 ネタバレ

慣れない手つきでマギーにリードしてもらうグレン。
ゾンビ映画の鉄則として、行為の前にゾンビ投入、寸止めかな~と思いきや、あっさりエッチが終了。
ただ、マギーの反応を見た限りでは、あんまり良くなかった様子(笑)

一方リックは、ハーシェルに、農場へ自分たちを置いてほしいと懇願する。
ハーシェルは他人を迎え入れない主義のため、断固否定していたが、リックの必死の説得と子を思う心に打たれ、「ルールを守るなら考えてみよう」と態度を改めた。

ローリは、グレンに内緒で撮ってきてもらった妊娠検査薬で、隠れて検査。
どきどきしながら検査結果を見ると、見事妊娠していた!
おめでとうローリ!
でも、誰の子?(旦那のリックとも、リックの親友のシェーンともだいぶしていたようなので)

果たしてこの状況で無事に子供を産んで元気に育てることができるのか?

ウォーキング・デッド シーズン2 第4話 感想

メイズ・ランナーでも思ったけど、アメリカ人が考える韓国人って、マッチョで動きがすばやくて、それでいてクールで頭が良く、仲間想いの良い奴!って感じなのかな?
私の韓国人の友達も良い奴ばかりなので、韓国人誉められるとちょっとうれしいw
日本人も活躍してほしいけど、日本人は英語できないからな~

あと、まさかローリが妊娠してるとはね~
ドラマで長い時間があるから、他のゾンビ映画にはないリアルを持ち込んできますね~

実際、こんな緊急事態になって命の危機になったら、人は盛るんだろうな~。
避妊なんてしてられないから妊娠もするだろうし。
でも自分の身も危険ななかで妊婦や生まれてきた赤ちゃんを守れるのか?

結構難しい現実だと思う。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です