ウォーキング・デッド シーズン2 第9話 繰り返されるウソ

ウォーキング・デッド シーズン2

ウォーキング・デッド シーズン2 第9話 あらすじ

タイトル:繰り返されるウソ
原題:Triggerfinger

見知らぬ男2人をバーで殺したリック。
男の仲間がバーにやってきて、銃撃戦になってしまった。

何人かを銃で撃退したが、スナイパーライフルで屋上から狙撃してきた子供が着地に失敗したらしく、両足を鉄柵が貫通していた。
子供の仲間はすでに車で去ってしまい、銃の音でウォーカー達が集まってくる中、見過ごせないと言って子供を助け、農場に連れ帰ることに。

ウォーキング・デッド シーズン2 第9話 ネタバレ

シェーンはローリが一人で抜け出したことを知り、夜の森を車でローリ捜索。
なんとか見つけ出し、連れ帰ろうとするが、「リックを見つけるまで帰らない」と言い、夜の道路を歩き続けるローリ。死にたいとしか思えない。
「リックはもう農場に戻っている」とシェーンが嘘をつき、どうにか連れ戻すが、嘘だとわかって逆上。
じゃあどうすればよかったのか?と問いたい。ウォーカーがさまよう夜の森を小さな拳銃一つで生きて帰れる自信があったのか?今車で事故を起こしたばかりの妊婦が。
シェーン、かなり悪役に描かれてるけど、極限状態にしては、行い自体はそんなに悪いことしてないと思う。やり方は感情を逆なでするやり方で、かなりド下手だけど。

シェーンは、ローリへの未練を立つことができず、リックが目覚めるまでに愛し合った日々は偽りではなかったと主張。
ドン引きするローリ。

翌日帰ってきたリックに、ローリはシェーンの恐ろしさを力説。酷い言われようのシェーン。
しかし、カールとローリとお腹の子供のために、町で生きた人間を何人も撃ったというリックは完全肯定。

そして、最近影の薄いダリルは、農場の隅で一人キャンプをしながら何かの準備をしている。

ウォーキング・デッド シーズン2 第9話 感想

どろどろした人間関係ばかりで、全然話が進まない~。
結局こうなるのか。シーズン1は面白かったけど、シーズン2は話が進まなくて、仲間内のごたごたばかりで、ゾンビはおまけ見たいだな~。

もっとサバイバルなゾンビ ドラマを期待してたのに、これならゾンビ映画じゃなくても良いんじゃないか?という展開が続くな~。

なんだかな~。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です