ウォーキング・デッド シーズン2 第10話 決闘

ウォーキング・デッド シーズン2

ウォーキング・デッド シーズン2 第10話 あらすじ

タイトル:決闘
原題:18 Miles Out

リックとシェーンは、足の傷が回復したランダルを農場から出すため、手足に縄と目隠しをして車で輸送。
道中、リックは胸の内をシェーンに打ち明け、二人は緊迫した雰囲気に。

適当な学校を見つけ、ランダルを放り出し、農場に戻ろうとする2人。
「マギーとは知り合いなんだ!頼むから助けてくれ!一人じゃ生きていけない!」泣き叫ぶランダル。

マギーと知り合いということは、農場の場所を知っている!
即座に殺そうとするシェーンと、一晩考えるというリックの間で意見が対立。
殴り合いのけんかになり、シェーンはリックに向かって大型のレンチを分投げた!

しかし、レンチはリックには当たらず、校舎の窓を割り、中から大量のウォーカーが出現!
果たしてリックとシェーンはどうなる?

ウォーキング・デッド シーズン2 第10話 ネタバレ

農場では、マギーのベスが自殺を懇願。
想いととどめようとさせるマギーとローリ。自殺も自分の判断よと認めるアンドレ。

アンドレがベスを見ている間、自殺のチャンスをベスに与える。
ベスの叫び声に気付いてマギーとローリが部屋に行くと、「ごめんなさい」と泣き叫ぶベスの手首は血まみれになっていた。

「良かった。生きる方を選んだのね。」と安心するアンドレを、「二度と家に入らないで!」と軽蔑するマギー。

一方、学校では、シェーンが大勢のウォーカーに囲まれたバスの中に取り残されていた。
リックはランダルを連れて、シェーンを置いて逃げる!
「嘘だろ!俺を置いていくのか!」驚愕するシェーン。

しかし、リックは逃げる途中で保安官の遺体を眺め、昔のシェーンを思い出した。
リックは、シェーンを助けるために車でバスの後ろに乗りつけ、近くのウォーカー数匹を銃で殺し、シェーンを載せて走り去った。

「昔のお前に戻ってくれ、シェーン」
リックは願った。

ウォーキング・デッド シーズン2 第10話 感想

お互いの腹の内をぶちまけて大ゲンカ!
「なかなかやるな!」「お前もな!」という昔の漫画のように仲直りするのか?
それとも、亀裂は深まって、ついにシェーンはアンドレと農場を出るのか?

今回も話が進展しなかったな~。
この雰囲気だと、シーズン2の間はずっと農場かな~。


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です