ウォーキング・デッド シーズン3 第9話

ウォーキング・デッド シーズン3

ウォーキング・デッド シーズン3 第9話 あらすじ

タイトル:死闘の果て
原題:The Suicide King

総督はメルルに、忠誠を示し、ダリルが死ぬまで戦い続けるよう命令した。
命令にのったように見せかけ、ダリルを殴りつけるメルルだったが、ウォーカーの出現とともに共闘を始めた。

その時、町民が銃撃を受けた。
リック達がダリルを救出すべく帰ってきたのだ。

ダリルと、成り行きでメルルを救い出したリック達は、ウッドベリーから逃げ出した。
が、リック達が抜け出す時に空けた穴から、数匹のウォーカーがウッドベリーのバリケードを抜けて入り込んでしまった。

グレンとミショーンが待つ場所まで逃げてきたリック達だったが、メルルを刑務所に連れて行くことを拒否すると、ダリルは兄を見捨てられないと言い、リック達の元を去って行った。
ミショーンには、怪我が治るまでという条件付きで刑務所に連れて行った。

刑務所では、タイリース達がハーシェルの手厚い看護を受けた後、ウォーカーに襲われて死んだベスの遺体を埋葬しようとしていた。
「今なら女子供だけだ。男たちが帰ってきて放り出される前に、殺して奪おう。」提案するベン。
戸惑うタイリース。

ウォーキング・デッド シーズン3 第9話 ネタバレ

「馬鹿なこと言うな!良い人たちだぞ!」ベンを制止する冷静なタイリース。
墓を掘るためのスコップを持ってきてくれたベス達の優しさに、考え直すベン。

一方、ウッドベリーでは、テロリスト(リック達)の襲撃で大勢が死に、さらに侵入したウォーカーのせいで町民が混乱していた。
総督はペティを殺されたショックから立ち直ることができず、見て見ぬふり。
アンドレアは町民たちに総督の代わりに演説をおし、励ましてその場は落ち着いた。

総督は銃を点検し、復讐の機会を狙っている。

刑務所に戻ったリック達は、ダリルがメルルとともに去ったことと、オスカーの死を伝えた。
悲しむキャロルたち。

刑務所では、リックはタイリース達を無視して赤ん坊の元へ。
グレンとマギーはウッドベリーの一件でギスギスしてしまった。
ハーシェルは二人の相談に乗ろうかと気を遣ったが、二人とも話そうとしない。

リックはようやくタイリース達と話す時間を作ったが、タイリース達を受け入れる気は一切なく、ノーの一点張り。
「今まで君に助けられ、本当に感謝している。しかし、今回は君は間違っている。」ハーシェルが優しくたしなめる。

仲間の顔を見て、自分が間違っていると気付いたリック。
しかし、そのとき視線の先に、死んだはずのローリの幻影が。
リックは半狂乱にはり銃を振りかざした。
慌てておくに逃げるタイリース達だったが、リックの動揺は収まらない。

ウォーキング・デッド シーズン3 第9話 感想

ダリルが死ななくて良かった!
メルルは邪魔ですね!ダリルだけ帰ってきてほしい!

グレンが拷問を超えて性格が変わってしまったのがショックですね。
マギーの身には本当に何もなかったのに、信じきれないのと、マギーを守れなかった自分が許せないのとで激しく葛藤しているようです。
グレン、立ち直ってほしい。

総督は復讐してきそうですが、今のメンバーでは守りきるのも大変そうですね。タイリース達をいれたとしても。
タイリースはかなり頼りになりそうだし、人手不足なので仲間に入りそうですが、それでも総督の報復を耐えきるのは難しそうですね。

また、報復の痕、刑務所の安全が保てるのか?も問題。
ウッドベリーにしても、リック達にしても、相手を倒すなら、陣地内に大量のウォーカーを侵入させるのが早そうですね。非人道的ですが。

それにしても、シーズン3、面白いです!
私はシーズン2より好きです!
ウォーキングデッド、やっぱ面白いドラマですね!

現時点でシーズン6まで出ているようで先は長いですが、面白いなら長いのは大歓迎!
次回も楽しみです!


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です