ウォーキング・デッド シーズン3 第12話 守るべき思い出

ウォーキング・デッド シーズン3

ウォーキング・デッド シーズン3 第12話 あらすじ

タイトル:守るべき思い出
原題:Clear

ミショーン、リック、カールは、武器の調達のために、リックの家があった街まで来ていた。
途中、ヒッチハイカーがリックに向かって乗せてくれと呼びかけるが、リックは無視。

何故ミショーンを連れて行くのかというカールの問に、共通の敵がいるから一緒に戦うだけだ。
仲間になったわけではないと応えるリック。

街の保安所に着くと、武器庫はもぬけの空だった。
怒るリックだったが、近くの酒屋にも隠した銃などがある、それらを回収していこうということに。

リックの家の方に近づくに連れ、
「今ならまだ間に合う、引き返せ」
「地獄に落ちろ」
などの落書きが散見するようになる。

酒屋の近くまで着くと、誰かが作った巨大なバリケードと、ウォーカーを退治する仕掛けなど、多彩なトラップが仕掛けられていた。
このトラップを作ったのは誰なのか?
リックたちは武器を調達できるのか?

ウォーキング・デッド シーズン3 第12話 ネタバレ

用心深くバリケードを抜けた時、ウォーカーが近づいてきた。
突然の銃声!
ウォーカーはスナイパーライフルで見事に頭を撃ち抜かれ、その場に倒れた。

撃ったのはビルの上にいる男だった。
男は完全武装に身を包み、顔は見えない。
「銃と刀を置いてこの場を離れろ!今すぐだ!」スナイパーライフルをの銃口を向けながら指図してくる男。

リックは一瞬の隙をつき、男に発泡し、身を隠した。
さながら銃撃戦のていとなったが、すぐに銃撃はやみ、男が降りてきた。
リックが打たれそうになったその時、男を撃ったのはカールだった。

ヘルメットを剥がし、顔をみると、彼はリックが目覚めた頃に命を救ってくれた親子の父親・モーガンだった。
リックは置いていくことができず、モーガンを彼の根城まで連れて行った。

そこは武器の山で、リックの元家の周辺の地図と、クリア(駆除)の文字、さらに「デュウェイン(モーガンの息子)はもういない。」と書かれていた。

モーガンが意識を取り戻すまでこの場を離れないというリック。
カールは、ベビーベッドを持ってきたいと頼む。
リックはミショーンと一緒に行くことという条件付きで許可した。

カールはベビー用品店を超え、近くの酒場に入っていった。
ウォーカーひしめく酒場にわざわざ入った理由は、唯一の家族の写真がそこに隠してあったからだった。
「ジュディスに母親の顔を見せてあげたかったんだ。」命がけで写真をとってきてくれたミショーンに、カールはつぶやいた。

一方、目を覚ましたモーガンは、リックのことがわからず、突然隠していたナイフでリックを襲い、肩に突き刺した。
リックは、モーガンを縛り付けた後、前に助けられた時の話をし、ようやくモーガンはリックのことを思い出すことができた。

しかし、モーガンは息子が殺されたことから正気を失っていた。
仲間に加えようとするリックだったが、モーガンは拒否。「俺はウォーカーを駆除しなければならない。それが使命なんだ。武器は持って行っていいが、俺はここに残る。」と語った。

カールとミショーンがベビーベッドを持って帰ってくると、リックはモーガンを連れていくことを諦め、モーガンから分けてもらった武器を車に積んだ。

一瞬立たずむリックに「死んだ人が見えるの?」ミショーンが聞く。
「私も彼氏が見える。そんない珍しい事じゃない。」ミショーンの言葉に癒やされたリック。
「車を運転できるか?なら頼む。」帰りの運転をミショーンに任せた。少しミショーンへの警戒が溶けたらしい。

帰りの道路では、ヒッチハイカーの姿はなく、大量の血と食い漁られた肉片、ヒッチハイカーが背負っていた荷物が落ちていた。
リックは荷物だけを拾い上げ、その場を去った。

ウォーキング・デッド シーズン3 第12話 感想

念願のモーガンとの再会が、こんな悲しいことになるなんて。
モーガンはいい男だったのに、正気を失って別人になっていました。悲しいですね。

一人で生きていくなんて無理だろうに。ウォーカーを駆除しつつ、死にたがっているのかもしれない。

それはそうと、モーガンのウォーカー退治のし掛けは工夫されていて面白かったです!
竹槍で360度囲った台座の中にかごに入れたネズミを置いておくことで、近寄ってきたウォーカーが次々と槍に刺されていく。

これは、今後も使えるんじゃないかな?
リックたちにも使って欲しいw

さて、武器は揃いましたが、相変わらず人数不足。
総督との戦いはどうなるんでしょうか?


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です